« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

adidas

冬のルームウェアを目面しく購入。
中学生の頃、体育用にショートパンツを買ったのがアディダス
それ以来すっかり忘れていたメーカーです。
最近は、スポーツメーカーもおしゃれなデザインを普段着仕立て
で出している。

Photo_226



















『じゃーじぃーはおしゃれなのだ』 ・・・ byくん。

グレーグリンピンク色のライン、シルバーの
ワンポイントラインはちょっぴり高級感。。
コレ着て、お散歩もぜんぜん行けちゃうの。
上下セットで7250円なり・・お安いですよね~。
くんくんも楽チンで気にいった模様。。



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

Halloween

10月31日はキリスト教の『万聖節』・・・日本のお盆みたいなもの。
亡くなった方がよみがえるハロウィン。。
クリスマスと同じくらいのイベントです。

       「Trick or Treat!」
Photo_223



















『なにかくれないと・・いたずらしちゃうのだ』
 ・・・ byくん。

今年のフラワーレッスンは‘ジャック・オ・ランタン
素焼きのカボチャの横にはユニークなお化けが、
お花を底辺にあしらって。。
アルストロメリア・サガ菊・クリスマスブッシュ・バラの実
トウガラシなどなど。。
Photo_224













 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

天下統一

フィギュアスケートのグランプリシリーズ今季第1戦、
19歳の織田信成選手が優勝した!!

        ~ おめでとう ~                  
Photo_221
















『おとのさまのDNAなのだ』 ・・・ byくん。

飾らしゃべり、満面の笑顔で庶民的な感じの信成クン。
フィギュアスケートで天下統一するのを楽しみに応援
したいな。
ご先祖様もさぞ驚いていることでしょう。。氷の上での個人
の実力勝負する子孫の姿に。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

この冬のカラー

一足早く、今年冬のねっさーんのテーマカラーを発表します!!
じゃーん、そのカラーは〝ピンク〟です!
ブーツに手袋・・小物使いにetc。。
ピンクは幸せを呼ぶカラ~ こいこいしあわせ~♪♪

Photo_218

























ぱりこれ、これなのだ』 ・・・ byくん。



モデル立ちもいかすぅ~。
編み上げブーツは足長、上品。
今年のお気に入り、ミンクのぽんぽんリボンをお耳につけて。。
ねっさーんはコーチのパッチワークバックを今年のカジュアル
な冬のモノトーンにあわせ様と思います。。
Photo_219

最近のコーチはおしゃれで日本人に
似合うデザインものが多い。
くんくんはコーチは好きですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

箱根へゆくおまけ

湿生花園の出口近くで、工作教室が開催されていました。
どんぐりを使ったミニリースとミニの置物。
ねっさーんはミニリースにチャレンジ。
材料費として200円なり。

Photo_213








どんぐりにホワイトペンでお腹や目を入れて・・一つ一つ
ユニークな顔が、かわいいの。
発想一つでとても簡単でおしゃれなものができる。
(出来上がりは追ってご連絡)
最近のねっさーんは、冬眠しているのね~。。


足柄パーキングエリアで朝市のお野菜やフルーツを
お土産に。

Photo_216


















『フルーツはびようにいいいのだ』 ・・・ byくん。

くんくんの箱根1Day散歩は沢山歩きました。
空気がおいしくって深呼吸。
お参りでは神妙な面持ち。
ススキやお花を見て自然満喫。
星の王子さまに会って、こんにちは。
お天気にも恵まれてくんくんの楽しいお散歩は大成功!
晴れ女!晴れくんくん!!
またいこーね。。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

箱根へゆく②

低温・多湿のため開発は遅れ、その結果美しいままの
状態が今に残る。湖が干しあがった千石原は湿原植物
の宝庫です。

この季節は沢山のススキが風にのってご挨拶。
‘ようこそ~こんにちは~’

Photo_208














『すすきはくんくんカラーなのだ』 ・・・ byくん。





◇箱根湿生花園へ
湿原に生きる植物たち、季節ごとに違う顔を持つ場所。
そのたびに足を運びたい。

Photo_209ふむふむ。
秋に咲く山野草の花は秋カラー
が多いのだ。。


おいしい空気を吸込みながら、広い園内を観察。

◇星の王子さま ミュージアムへ
フランスの街並を散策しながら、星の王子さまのファンタジー
な世界へ。
作者サン:テグジュペリの光と影、作品や写真などに触れて、
子供の頃に持っていた純粋な心を思い出させてくれた。

『大切なことはね、目に見えないんだよ・・・』と星の王子さま
は語りかけます。

Photo_210














シャボン玉がお招き、星の王子さまの世界へ。

Photo_211

1900年代のリヨンへ
タイムスリップ。
星の王子さまから『王さま通り』と命名。

私にとって“目に見えない大切なこと”って?
そう・・・、
くんくんと過ごした時間と、これから過ごす時間。
星の王子さまに癒されました。

◇福風 ~ふくふう~
お昼ご飯は、仙石原湿生花園にほど近くの和食処で。。
人気メニューの“鯛トロロ”をいただきました。
特製のタレで味付けした鯛にトロロ芋をご飯にのせた
さっぱり丼。
Photo_212

この組合せはナイス!
ツルッといただけます。



贅沢に流れる、箱根時間。
箱根だからこそ味わえる至福の時間・空間に
日常を遠く離れ過ごす贅沢。
箱根はいい所だ! だーいスキ、スキ・・・ススキ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

箱根へゆく①

遊んで・見て・食べて・・・楽しさいっぱいな箱根へ。。
はれ、時々霧雨。
~ 1Day 元箱根・仙石原 ~

8_4




















『はこねはスピリちゅアルなのだ』 ・・・ byくん。

~ ~ 箱根龍神様巡り ~ ~

◇箱根神社へ
山岳信仰の霊場、『箱根権現』へ。
高くそびえ立つ杉並木を抜け、朱塗りの社殿が印象的。
社殿は権現造り、軒には見事な龍の彫刻がある。

Photo_198



鳥居をくぐる頃に、そらから
ポツリと迎い雨が。
龍神様のお招きいれです。






Photo_199


光輝く、本殿へ。
この地に導かれるとき・・・
いつも天候一瞬にして変化する。








この日は光差込、その光にのって霧雨が。

◇九頭龍神社へ
芦ノ湖の水深が一弾と深くなり、緑生い茂るその先に
九頭龍神社は鎮座する。
一昔前は、船で行くことしかできない場所でした。
神山コテージを通り小路を歩くこと20分ほど、龍神伝説の
地、九頭龍神社はある。

その毒龍が棲むこの地を万巻上人が祈祷し、龍神となった。

◇白龍神社へ
自然林に囲まれた神山コテージ桟橋の近くに、おだやかに
シンプルな白龍神社は鎮座する。
Photo_201






白龍はクールな人。さみしがりやなのに一人を愛する。
ここの地はパワーを感じた。
参拝をした時、波が桟橋にあたり音となった。
白龍の声となって鳴りに響く。。
心に耳に残る。

今の私の悪態を叱り、諌め、慰め、これからを応援だ。

◇箱根元宮へ
箱根神社の奥宮、神山を神とする霊場。
駒ケ岳に山頂に建ち山の神を奉った山岳信仰の神社。

この日は山頂付近は霧に覆われ、視界は2メートル。
足元の拓かれた道を頼りに元宮へ。
山頂からのパノラマは声も出ないほどの白い世界へ。
天気が良ければ、箱根連峰、富士山、芦ノ湖などが望める。

白く、空気は透き通るこの何も見えない世界。
これから、新しい世界へ進むにはよい経験。
未来は何色になるのか、楽しみ。

◇箱根園へ
芦ノ湖東岸に広がる、箱根園はプリンスホテル創始者のり
堤次郎氏が龍神パワーで成し遂げた、夢の楽園の始まり。
Photo_203 










円形の建物クラシカルな西洋建築。
一度は泊まってみたいかな。

信仰を持たない私にとって、せめてもの辰年生まれの
ラッキーな産まれ年。
せめてもの開運行動。龍をめぐる楽しみを見つけこれから
も龍神様を探しに出かけたいな。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

おたのしみセット

さわやかな秋晴れが続きます。
秋晴れの中、お散歩も気持がいいですね。

Photo_187
















‘たかぴ’からいただいたおたのしみセットで
砂あそび。。
くんくんはお砂でなにを作っているの?
100円だったにもかかわらす、充実の内容。
~じょうろ、すこっぷ、バケツ・・6点セット~
Photo_190












色とりどり、まーるっこいデザインがかわいい。
雪遊びにも使えるね。
真っ白な雪にカラフルなおたのしみセットは
とってもきれいでしょうね。。
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

運動の秋

結局、くんくんはモノでつられる・・んだ。

Photo_185 

















マフィンを買って食べるのをちょっとアレンジ。
予想以上に一生懸命に飛びつく姿に声援。。
くんくん、ブルマーは履かないのね??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

お返事その7

こんにちは。青山さん。。
お仕事のご参考には到底無理なご回答かと。。ただ、彼と私の
生活はうそもみえもなにもない・・犬らしい付き合いです。

くんくんがねっさーんのピンチを救ってくれたら・・・くんくんに
とってもそれはそれは大ピンチ!
ねっさーんは、くんくんにどうするんだろうね。彼は無欲、何か
したから求める事はしない。きっと、笑顔で名前を呼んでほしい
のではないでしょうか。普通にいつもとかわらない、お散歩へ
出かけます。リードを通して気持は伝わるんですね。。
彼は、以外にデリケートなんですよ。。
ねっ、くんくん?!

Photo_183












『ふむふむ・・いつもそばにいたいのだ』 ・・・ byくん。

以前、私はくんくんに助けてもらった事があります。
そのまま入院してしまうほどの大きなケガでした。
彼も私以上にケガをしているのに、私が退院するまでずっと、
玄関で私の事を待ち続けてくれた。。
退院した私を見て、泣くんですよ。。涙を流します。
心配するんですね。帰った私に思いっきり甘えてきました。
その時は精一杯の笑顔と声で名前を何度も何度も呼んで
あげました。

すみません。こんなつまらないお返事で。
これが本音です~ストリーのご参考にはならなくドラマ性
もないので。。一番の見せ場もこれじゃ、感動もなにもない
ですね。
私が楽しく幸せならばくんくんも幸せで楽しいのです。
時にケンカもします。仲直りもお散歩で。。


執筆活動がスムーズに進みますようお祈りいたしております。
くんくんと楽しみに本の完成を待っていますね!
その際にはご連絡をくださいませ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

峠の釜めし

駅弁の横綱だ!!昭和32年横川の駅で発売。
益子焼の土釜に茶飯・鶏肉・たけのこ・しいたけ・ごぼう・あんず
・うずら・そして・・くり!
くりはいつも最後に味わう。だた一個しかない・・丸々一個一人占め
して食べたい。
だからなかなか、くんさんは味わえないのだ。。

Photo_179



















『くりをたべるのは・・きびしいのだ』 ・・・ byくん。

ガードの硬いクリ・・ちくちくするイガ→硬いつるつるの表皮
→渋皮

さあ~、今回の釜めしの中に光り輝く黄金のクリはダレの
くちに。。
Photo_181 
駅弁のロングセラー、軽井沢に
行った際にはおみやげに買って
帰ると、ぱぱもままも大喜び!

さらに、釜めしの友。。
優れた漬物がつく。
この内容は充実。
わさび付け4点シリーズに、
絶品、名品。。

くりは今回も!モチロン!!ねっさーんがいただきました。
くりにハンブンこはないのです。
くんくん、ごめんなさいね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

軽井沢へゆく②

昔ながらの味を守るセレブ御用達のパン&ジャム・・。
~お土産セレクション~

【自分にあげる編】

Photo_172
『アサは・・ぱんなのだ』 ・・・ byくん。

朝ごはんはままとくんくんは洋食。
コーヒーのいい香りとトーストで一日
が始まる。くんくんもそんなままと一緒
に新聞を読み終え、香ばしく焼いた
トーストに・・はちみつやジャムをぬって
いただきます。

◇フランスベーカリー
 ジョン・レノンも愛したベーカリー。ふわふわのイギリスパン
 をモーニング・トーストに購入。
◇沢屋ジャム
 果物とお砂糖だけで作る自然派ジャム。
 いちご、ブルーベリー、きゃらぶきを購入。

Photo_174
軽井沢を愛する人々。。今昔。
本物はいつでも手に取り、味わいたい。
フランスパンは柔らかく、甘かった。
ジャムはシンプルできれいにいちごの
シルエットが残っている。

グルメで・・食べ物の大切さ、愛おしさを
知っているわがままなくんくんは・・
(作り手のシーンが目に見えるのです)
このモーニングトーストとジャムに神妙。。
人のこころを動かします。

どんなにおいしいものでもひとりごはんは寂しい。。
くんくんと共感できる今、幸せです。
恵みに感謝します。
さあ、一緒にお食事しましょー。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

軽井沢へゆく①

10月7日 晴れ時々・・曇り・・たまーに、にわか雨。。
~1Day 南軽井沢~

【芸術散策編】

Photo_169
『げいじゅつは・・
         おいしそうなのだ』 ・・・ byくん。




◆深沢紅子 野の花美術館
野の花を愛した洋画家深沢紅子の個人美術館。
‘開館10周年記念展示’で秘蔵の日本がを今回は鑑賞しに。。
繊細なタッチで野の花を描き続けた紅子さんのやさしさが
伝わります。

☆こんな素敵な人生を送りたい~

◆軽井沢絵本の森美術館
世界中から集められた絵本と原画を展示。
絵本の始まり、技術の進化、緑の中で子供に夢を与える
絵本に出会える。

◇第二展示室では「アバディのパン」木葉井悦子さんの展示。
  生涯17冊あまりの絵を手がけました。アフリカを舞台にした
 作品が有名です。
 ‘かぼちゃありがとう’にはジーンと来るものがありました。
◇特別展‘女性イラストレーター原画展開催中。
 欧米を代表する方、現在活躍する日本人のイラストレーター
  まで。。原画をみると作家の息遣いが伝わります。

☆いつの日かくんくんもここに飾ってもらいましょ~

《ミュージアムショップ》
Photo_170
‘はらぺこあおむし’の
・絵本
・ケータイストラップ
・ペンスタンド

・ぐりとぐらの絵本

を購入

今回の、目的は・・
花の絵を見たい。
絵本とは何かを勉強したかった。
緑のフィットンチッドを感じて。。

くんくんにとっても久しぶりの遠出のお散歩。
絵本を見るのも大好きなのね。
おいしい空気の中深呼吸。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

月あかり

すすきと団子をお供えする‘十五夜’に姿を現す“中秋の名月”は
今年東京の夜空をあいにくの雨で見ることができませんでした。
人は月を仰ぎ、なにを思ったのでしょう・・?
秋の夜空を見上げてみましょう。。

Photo_168


『うさポンの・・おうちなのだ』 ・・・ byくん。

ままの焼くパンケーキだと思い、満月に
なるとベランダから夜な夜な眺めている
くんくん。
やっぱり、ハナより団子なのだ。。

潮の満ち干きは月の仕掛け。
神秘的な月をこれからもくんくんとの
お散歩では目にしていきたいな。
月を見るとなぜか、吠えたくなる・・あうぅ~~。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

お返事その6

ここ最近、何年ぶりかの味わいを楽しめる、幸せなヒビが。。
じゃーん!!国産の松茸参上!!
中軽井沢から千ヶ滝方面の山間で、松茸の販売の看板を目に。
ハナのいいくんくんはくんくんくん・・・。
風にのってその香りはやってきた。お店のテーブルを覗くと更に
なんともいえない香りが、ふわっと。
Photo_162 こんなに、
大きく、きれいな形の国産松茸!
お値段も、雨が降ってきたので・・
サービス価格に。

お家に帰って・・
さて、クッキングタイム!!
メニューはもちろん、松茸ご飯&
松茸のお吸い物です。
っと。思ったのですが・・生まれて
初めて生松茸をもった。。         
松茸ご飯ってどうつくるの?お吸い物ってどんな味だっけ?
なんともなさけなく、くんくんにおいしいご飯を作ってあげる
ことができるのでしょうか・・?
Photo_165 見た目は完璧!こんあ感じだ。
初めてにしては上出来。
味も香りも最高でした!!

秋刀魚の塩焼きも慣れたもん。




くんくんも香りを楽しみなあがら、沢山たべてくれました。
お返しに、ねっさーんの大好きなお花“桔梗”をプレゼント
してくれました。Photo_167        

『まつたけさんば・・なのだ』 ・・・ byくん。

なんかちょっと違うんだけど。
かわいいからいいや。

そんな感じで、くんくんとねっさーん
秋太り促進中~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

秋の大運動会

‘赤勝て! 白勝て!’くんくんも赤組で参加です。
大玉ころがしに出場。
くんくんは駆けっこのスタートの音が怖くて辞退しました。
だって、一目散にゴールとは別方向に逃げちゃうのですから。
本らいは・・走らせたら一番なのにね~。。

Photo_161
『も、もってないのだ・・』 ・・・ byくん。


バランボールで練習したハズも、
くんくんよりも大きな玉を転がす
には、前もみえないのでドコへいった
らいいのか。。ハンディを背負う。

しかし、いつもながら一生懸命な姿
に赤白関係なく応援の声、こえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

ヒビわれメロン

超高級メロン・・マスクメロンが家にある!!
何年ぶりの味わい??かしら・・。
お裾分けでいただいちゃいました。
お使い物や病院のお見舞いに使われる、セレブなフルーツ。
パパは果物大好き、ママはたまに冷蔵庫へ・・・昔むかしのお話。
仲良くんくんはパパとデザート食べてたね。

病気にならないと食べられないメロン・・それも重症じゃないと。。
冷蔵庫の野菜室にセレブが眠っているのを知っている。。
お鼻のいいくんくんだから。
いつも元気なハズが・・どうしたの? お熱かしら??

Photo_159

『うぅ。じゅぅちょ~なのだ』 ・・・ byくん。



ここ、2,3日ある時間がくるとこんな感じ。


ひび割れメロンは特に食べごろがちゃんとある。
あまーくって、みずみずしくって、スプーンで簡単にすくえる。
Photo_160

冷えひえ~でじゅーしー!!
くんくんとハンブンコ。
幸せを分かち合った数日。






くんくんには内緒だけど、明日も楽しめる分をとってある。
喜ぶ顔が目見浮かぶ。。
食べたさで、うなされるくんくんの数日間でした。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

KFC

銀座・伊東屋で画材調達。
夏にチャレンジした‘絵本作り’第二弾にチャレンジ!!
なんとなく頭の中でイメージがわいてきた・・思った時に
残さなければ白紙も同然。
ラシャ紙50枚、スケッチブック4冊、A3ケースに小物いろいろ・・。
手がち切れそうなくらい・・このままでは基地までかえれない。

Photo_156
『けんたは・・じゅーしなのだ』 ・・・byくん。

フライドチキンにはコーク!
コカコーラを飲むのは何年ぶりになる
のだろうか? 
ウェイトを気にして、ダイエットコークを
チョイス。
のどにしピリピリくるこの感触久しぶりに
しびれました。
腹ごしらえと一息入れて。。
無事に帰宅。くんくんお付き合いありがとう。

さぁ、芸術の秋到来。今年は高尚な趣味に浸ることができる?
モデルは・・くんくんだから~。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

ズバリ言うわよ

細木数子氏の番組を恐る恐る見ているくんくんの後ろ姿。
正座で見ている。。
占いに興味があるわけではないらしい・・。
そっと様子を伺ってみると、細木数子がくりーむしちゅーの有田
の頭を叩くシーンに釘付け!!
自分の姿にかさねているのでしょうか・・・。

Photo_155
『ズバリなのだ。
  たたかれじょうずがいいのだ』  
              ・・・ byくん。

有田から叩かれ方を学んでいたのか??
なんと、ま~。
ねっさーんはそんなに叩いたりしないハズ、
なのに。。

もっとやさしくしないとな。“カズちゃんより怖いのだ”
って言われかねない。。
所で、ねっさーんは占いに興味があるのだけれど。。
どうかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

深い眠り

お洋服の衣替えは先延ばし。。なんだか面倒な感じ。
でも、お布団はそうはいかない。夜中に寒くなって目は覚める、
風邪を引きかねない。。ぶるぶる。
昨夜、一念発起!お布団&リネンを衣替え。
ぱりぱりのノリが利いたシーツは気持いい。くんくんも新しいもの
きれい好き。

Img243
『おにゅーはきもちがいいのだ』
            ・・・ byくん。

夜しっかり寝たはずのくんくんは、
お昼寝もしっかりする。
寝る子は育つ!!
それも、大の字だっ!!!
お気に入りのタオルをお腹にちゃんと
あてて。。
かものはしくんが苦しそうだけど、仲良く夢の中。
このお休みはいつも以上にアクティブに行動したから
疲れたかな?
いえいえ、くんくんは疲れ知らず。
眠りも一生懸命・・・深い眠りで疲れは残さない。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

スポーツの秋

新しい月がまた来た、、そう思うたび背筋を伸ばしたくなります。
10月は健康な日々を送るために体力増強を目指して。。
週末は極力早起きして、ウォ-キングをする!
今朝からくんくんに付き合ってもらい20分ほど開始。
気持の良い一日を迎えたのでした。

Photo_154

『かっけこは、とくいなのだ』 ・・・ byくん。

こう見えても、くんくんは短距離はすこぶる
速い!
長距離は苦手に思われます。
お付き合いのはずのくんくんはねっさーん
以上に真剣に取り組んでいます。
さすが。。

その後、お昼前から・・なれないことをすると空模様はいっぺん
して雨降りに。。
今週はこんな天気が続くらしい。
せっかくはじめた運動も続かないではありませんか・・??
雨の日の運動を考えなければ、いけません。
続けることに意味があるのです。
換わり行く体系の歯止めのために。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »