« お返事その6 | トップページ | 軽井沢へゆく① »

2006年10月10日 (火)

月あかり

すすきと団子をお供えする‘十五夜’に姿を現す“中秋の名月”は
今年東京の夜空をあいにくの雨で見ることができませんでした。
人は月を仰ぎ、なにを思ったのでしょう・・?
秋の夜空を見上げてみましょう。。

Photo_168


『うさポンの・・おうちなのだ』 ・・・ byくん。

ままの焼くパンケーキだと思い、満月に
なるとベランダから夜な夜な眺めている
くんくん。
やっぱり、ハナより団子なのだ。。

潮の満ち干きは月の仕掛け。
神秘的な月をこれからもくんくんとの
お散歩では目にしていきたいな。
月を見るとなぜか、吠えたくなる・・あうぅ~~。。

|

« お返事その6 | トップページ | 軽井沢へゆく① »

コメント

十五夜は見れなくて残念でしたね。この季節のお月さまは少し小さく見えるね。満月を見ても狼にならないでね。

投稿: たかぴ | 2006年10月11日 (水) 11時38分

月あかりのもとお散歩なんて風情あるねー。涼しくなったから沢山お散歩できるね。。

投稿: ちゃん | 2006年10月12日 (木) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80489/3761474

この記事へのトラックバック一覧です: 月あかり:

« お返事その6 | トップページ | 軽井沢へゆく① »