2008年2月24日 (日)

元朝桜

080223_12490003

鴨川・和田町は、カーネーション・金魚草など全国的にも有名な花の産地です。











昔、間宮七郎平という薬剤師が和田町に住んでいて安房で初めて花作りに成功したそうな。。
七郎平は、次に裏山を切開き花木を植え開墾し、小さな貯水池を作りその周りに花木を植え『抱池園』としました。
彼が植えた桜で旧暦の元日の朝に花を咲かせることから、『元朝桜』とも『七郎桜』とも呼ばれるようになったそうです・・。
東京では春一番が吹荒れた日、和田町は元朝桜の花吹雪。。

080223_12110001_2
















葉は赤く、ぱっと見は八重桜と見間違えるほど似ながらも花びらは色濃く一重で力強し。
この地ならではの桜とソテツのコラボは不思議と似合い海風を感じながらのお花見は一味違った面持ちです。
080223_12140001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ターコイズカラー

080126_22160001_3元気になりたい時はこの石のパワーをかりて・・。。
4連のトルコ石とビーズのジャラジャラが糸で一箇所にまとまっている。。
カジュアルだけれども・・オシャレ。
今年の夏、シンプルなカットソーにあわせましょ♪


080126_22150001
















おおぶりなアクセサリーは旬なもの。

2点あわせても、3000円でお釣がきました。
かわらないファッションにも低価格なアクセサリーでイメージを変えて・・。
今風に~♪
080127_10500002 080127_10500001
















くまたんカップルにモデルになってもらったけど~長すぎね~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

大仏パーマ

鎌倉の大仏様をキャラクターにしたマスコット。
080120_09500001











穏やかな微笑みにいやされますぅーー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

はなとうきび

里山の無人スタンドに‘おもちゃとうきび’の束。
071028_14320001

トウガラシをりぼんと一緒にあしらった、シンプルで辛口なスワッグに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

夏服 07の3

夏祭り、盆踊り、花火大会と日本の夏は楽しいこといっぱい!
Photo




















浴衣はげんきなひまわりの柄に兵児帯をまいて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

鴨川 Sea world

翌7/27は鴨川Sea worlD’へGO!!
海の海獣たちのパフォーマンス見所満載でした。

1_051












○北極海の氷の下で暮らすベルーガ(シロイルカ)は神秘的で高い知能を持っているのです。 

1_056
















1_060












○海の王者シャチのジャンプは迫力満点です。海底からトレーナーを持ち上げる瞬間は感動です。
1_065 

こんなに、自然な生き物と意思の疎通が出来るのですね。この後、一瞬の出来事でトレーナーとシャチとのコミュニケーションが崩れたようで、ショーは数分中断をしました。
じっくりと絆を確かめあうのですが、なかなかチャレンジするタイミングが合わないのです。
ラストの見せ場の高いボール目掛けて回転ジャンプも失敗。
ショーは終わりみんな席を立って背を向けた時、シャチはサイドチャレンジして、更に高く吊り上げられたボールを蹴ったのです。
それはそれはすばらしかった。人間も失敗はありますし、体調も悪くなります。
彼らはいつも万全ではなにのです意思も知恵もある自然界の動物なのです。ただただ・・トレーナーを信じているのです。。
1_071












○‘笑うアシカ’にはここで会えます。なんともユニークで愛くるしいほほえみでした。

1_076
















1_077













プチ夏休みは、太陽を燦々と浴び自然と動物に触れあって・・おいしいものを食べて、気分もすっきりリフレッシュできたのです。
館山道が開通して、とってもアクセスも便利になりましたね。
ちょっと遠出の気持よい場所。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

FUKUZO

横浜・元町‘FUKUZO’は浜っこブランドの老舗です。
Fukuzo
朝、すれ違ったご婦人のブラウスがとても爽やかでした。真っ白で胸元は品がよい開襟で袖は七分丈・・・コレがFUKUZOの開襟ブラウス定番品。
とても涼しげで、おしゃれな感じがしました。

遠めからでもシルエットだけでわかるのは・・
物心つく頃から、わが母はコチラの今で言う高級ブランドを子供たちに着せていたのです。
布も取り扱うので、ワンピース・スカート・ズボンも仕立てていたようです。
子供の頃の写真は、FUKUZOのアイテムのお洋服ばかりで「ハイ・チーズ!」。
とっても懐かしい~。

『タツノオトシゴはかわいいのだ』 ・・・ byくん。

この夏、一枚ほしくなりました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

2007 ほおずき市

070709_18570001










浅草・浅草寺の観音様に毎年7月9・10日にお参りすると‘四万六千日(しまんろくせんにち)’の日参したのと同様の功徳を得られる~との言い伝えがあるのは有名なお話です。
070709_19040001
そのご縁日にちなんで、浅草寺の境内一帯に「ほおずき」の露店が並びます。色あざやかなほおずきと音色がやさしい江戸風鈴は、江戸時代から伝わる風情ある光景なのでしょう。。
070709_19060001
今年のほおずきの鉢は、葉は小ぶりでやや、やせ気味でした。ほおずきの色付きも1/3ほどで、蒼いほおずきはさわやかな感じもしましたが・・。
天候のせいなのでしょうか・・?



070709_22000001
この2日間にしか手に入らない浅草寺の御札を頂くのが、目的なのです・・。
雷除よけ『雷除御守護』を今年も頂まして、‘カミナリサマに
おへそを取られない’・・一安心でございます(笑)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

2007 あさ顔市

入谷・鬼子母神には「鬼」に‘つの’がつかないのです。
悲しい・辛い出来事の後、子育て・安産の神になった「入谷・鬼子母神」。

070707_14000001


















070707_14040001
梅雨時の毎年この時期(7月6日~8日)、お江戸の夏の風物詩、「あさがお市」が入谷鬼子母で開催される。
070707_14160001 










今年は葉にフが入った古典的な「ダンジュウロウ」が主流。


070707_14050002
アサガオも色々な品種がありますが、日本アサガオ/西洋アサガオ/朝鮮アサガオなどあります・・。
キキョウ・ツバメ・ルコー・夕顔・宿根、etc~。。
どれも魅力的でお家にお招きしたい。




070707_14140001_1
夏休みの朝、‘蔓が絡まる軒下に大輪の花が咲く’あの風景・・子供の頃のなつかしい匂いです。

朝顔って、始めて‘種を植え芽が出た’成長過程を見守、大切な命を育てる思い出です。

今年も夏の朝、どんな顔のアサガオが咲いてくれるのか楽しみ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

サンセットクルージング

東京湾を2時間ほどめぐるシンフォニークルージング。
070630_16170001
ゆりかもめ‘日の出桟橋’駅下車。
乗船料のみ3000yen。
色々なお食事プランもありますが、サンセット【16:30-18:30】の時間帯ですから、ディナーには少し早いので、カクテル片手に静かな時間を過ごすことといたしました。
<シンフォニー・モデルナ>の4Fラウンジ「アラベスク」のお部屋はシックでシンプルなバーラウンジ。
簡単といってもそれなりなおつまみもありますので、ブッフェに高いお値段を払わなくともよいよい。
東京を外から見ることはなんとも大人になったなぁ、と感じました。



070630_17550001









乗船した昨日の天気はあいにくの梅雨空でしたが、グレー色の景色は疲れた心にはとても優しかった。
070630_17540001










夏の夕暮れはどこか物悲しく、愛おしいのです。高層ビル群の灯りがぼんやりとともり始めます。

070630_18040001










クルージングルートは、お台場を左手に眺め、レインボーブリッジの下を潜り抜け、東京ディズニーランドを遥かに眺め、羽田空港の滑走路から飛び立つ飛行機にエールを送り、迂回。。。
岐路のラウンジ内では、生演奏のピアノが入りもちろん映画「タイタニック」の‘MY HERT WILL GO ON’が♪ ちょぴりじんわり~。。
いい時間を過ごせませました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧