2008年2月24日 (日)

元朝桜

080223_12490003

鴨川・和田町は、カーネーション・金魚草など全国的にも有名な花の産地です。











昔、間宮七郎平という薬剤師が和田町に住んでいて安房で初めて花作りに成功したそうな。。
七郎平は、次に裏山を切開き花木を植え開墾し、小さな貯水池を作りその周りに花木を植え『抱池園』としました。
彼が植えた桜で旧暦の元日の朝に花を咲かせることから、『元朝桜』とも『七郎桜』とも呼ばれるようになったそうです・・。
東京では春一番が吹荒れた日、和田町は元朝桜の花吹雪。。

080223_12110001_2
















葉は赤く、ぱっと見は八重桜と見間違えるほど似ながらも花びらは色濃く一重で力強し。
この地ならではの桜とソテツのコラボは不思議と似合い海風を感じながらのお花見は一味違った面持ちです。
080223_12140001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

藁囲いの冬ぼたん

080209_15310001










鎌倉・鶴岡八幡宮【神苑ぼたん庭園】は今冬牡丹の見頃を迎えています。
本来は春に艶やかに咲き競う牡丹を冬にも楽しませてくれます。
雪のちらつく真冬に藁囲いの中で可憐に咲く姿は元気いっぱい。
080209_15280003
 立てばシャクヤク、座ればボタン











女性に対するほめ言葉の代名詞。そんなおほめの言葉を頂くためにアンチエイジングに日々せっせと努力でしょうか??
080209_15300001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

はなとうきび

里山の無人スタンドに‘おもちゃとうきび’の束。
071028_14320001

トウガラシをりぼんと一緒にあしらった、シンプルで辛口なスワッグに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

ファミリヱ

透き通る秋の空を見上げると、マスターとルイちゃんが仲良くお散歩している姿が見えるよ。
Photo
























本当に、人としてすばらしい方でした。心から感謝の気持ちで一杯です。
あの、お漬物とアタリメは世界中で一番の美味しさです。例えば、バラのお花が大好きでいつも毎日欠かすことのないその信念ひとつマネすることができません。
ちいさな時から、気にかけ可愛がってくれた・・何も恩返しができないままで。
さらに、一つ心残りなのは・・、ワタクシの白無垢姿を見せることができなかった事かなぁ~。ねっ、マスター!?

ご冥福をお祈り申しあげます★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

夏服 07の3

夏祭り、盆踊り、花火大会と日本の夏は楽しいこといっぱい!
Photo




















浴衣はげんきなひまわりの柄に兵児帯をまいて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

FUKUZO

横浜・元町‘FUKUZO’は浜っこブランドの老舗です。
Fukuzo
朝、すれ違ったご婦人のブラウスがとても爽やかでした。真っ白で胸元は品がよい開襟で袖は七分丈・・・コレがFUKUZOの開襟ブラウス定番品。
とても涼しげで、おしゃれな感じがしました。

遠めからでもシルエットだけでわかるのは・・
物心つく頃から、わが母はコチラの今で言う高級ブランドを子供たちに着せていたのです。
布も取り扱うので、ワンピース・スカート・ズボンも仕立てていたようです。
子供の頃の写真は、FUKUZOのアイテムのお洋服ばかりで「ハイ・チーズ!」。
とっても懐かしい~。

『タツノオトシゴはかわいいのだ』 ・・・ byくん。

この夏、一枚ほしくなりました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

2007 ほおずき市

070709_18570001










浅草・浅草寺の観音様に毎年7月9・10日にお参りすると‘四万六千日(しまんろくせんにち)’の日参したのと同様の功徳を得られる~との言い伝えがあるのは有名なお話です。
070709_19040001
そのご縁日にちなんで、浅草寺の境内一帯に「ほおずき」の露店が並びます。色あざやかなほおずきと音色がやさしい江戸風鈴は、江戸時代から伝わる風情ある光景なのでしょう。。
070709_19060001
今年のほおずきの鉢は、葉は小ぶりでやや、やせ気味でした。ほおずきの色付きも1/3ほどで、蒼いほおずきはさわやかな感じもしましたが・・。
天候のせいなのでしょうか・・?



070709_22000001
この2日間にしか手に入らない浅草寺の御札を頂くのが、目的なのです・・。
雷除よけ『雷除御守護』を今年も頂まして、‘カミナリサマに
おへそを取られない’・・一安心でございます(笑)。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

2007 あさ顔市

入谷・鬼子母神には「鬼」に‘つの’がつかないのです。
悲しい・辛い出来事の後、子育て・安産の神になった「入谷・鬼子母神」。

070707_14000001


















070707_14040001
梅雨時の毎年この時期(7月6日~8日)、お江戸の夏の風物詩、「あさがお市」が入谷鬼子母で開催される。
070707_14160001 










今年は葉にフが入った古典的な「ダンジュウロウ」が主流。


070707_14050002
アサガオも色々な品種がありますが、日本アサガオ/西洋アサガオ/朝鮮アサガオなどあります・・。
キキョウ・ツバメ・ルコー・夕顔・宿根、etc~。。
どれも魅力的でお家にお招きしたい。




070707_14140001_1
夏休みの朝、‘蔓が絡まる軒下に大輪の花が咲く’あの風景・・子供の頃のなつかしい匂いです。

朝顔って、始めて‘種を植え芽が出た’成長過程を見守、大切な命を育てる思い出です。

今年も夏の朝、どんな顔のアサガオが咲いてくれるのか楽しみ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

でんでん虫

梅雨時のお友達は、お庭のアジサイの葉でお昼寝のでんでん虫。。
Photo_79




















『おうちもいっしょにおさんぽなのだ』 ・・・ byくん。


でんでん虫さんはゆっくりあるくので、くんくんは抱っこしてあげました。だっこしてもらったでんでん虫さんはとっても楽チンです。
いつも地面を歩いているので、遠くを見ることができないでんでん虫さんはいろいろな風景をとっても興味深く見たのです。。

『おそらがちかいのだ』 ・・・ byでんでん虫。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

淡島温泉 2007

淡島ホテルの温泉は無色無臭の天然オンセン。
Photo_65









海の中で透明な温泉に入れるなんて・・贅沢。
露天風呂は湯船につかり潮風を頬に感じラッキーな日には
雄大な富士山を眺めながら温泉にツカル事ができます。
‘ご・く・ら・く・極・楽’気分。
ココホテル内のお水も富士山の沸き水‘柿田川’から引いて
いるのです。だ・か・ら・うまいのです。

水は生命のモト・・・沢山吸収してみたされましょう~♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧